クッキー動物病院は一般診療だけでなく、皮膚科・統合医療・心臓の治療などに力を入れている動物病院です。

クッキー動物病院

歯科

dentistry
#

当院の歯科について

歯科は口腔内の疾患に対応する科目です。

当院内には歯科のみを専門的に診療するクッキーペットデンタルクリニックを併設しています。コチラには歯科専属の獣医師がおり、顕微鏡を用いた高度な口腔処置などに対応しております。3歳以上の犬の80%程度が歯周病を持っていると言われており、定期的なデンタルケアが重要となっています。当院では診察時の口腔内チェック、デンタルケア方法の指導、歯石除去処置、高度な口腔外科まで専門診療としての歯科に対応しております。
「口腔内が気になるな」という場合は歯科専門外来であるクッキーペットデンタルクリニックにご相談ください。

#

担当医のご紹介

クッキーペットデンタルクリニック

院長 兒山 寛幸

クッキーペットデンタルクリニックでは、健康寿命を延ばす診療を目指しています。ヒトでは寿命と健康寿命(健康に過ごせる寿命)には男性で約9年、女性で約12年の差があると言われており、この寿命と健康寿命の差を減らすためには、お口の健康が非常に重要と言われています。また、動物でも歯周病により心臓病や腎臓病、肝臓病が起こることも分かっています。そのため、クッキー動物病院本院と連携をしながら、大切な家族のより良い健康を目指しています。

歯科・口腔外科専門外来はコチラ

#

歯科の診断・検査

歯石などは視診でも確認ができますが、口腔内疾患は歯髄や下顎内に問題があるケースも多くあります。そういった場合にも頭部レントゲン撮影なども含めて総合的に診断を行える体制を整えています。

#

歯科の検査・処置

レントゲン検査
頭部レントゲンを撮影し、歯髄や下顎内に問題が発生していないかを検査します。
プロービング(歯周ポケットのチェック)
歯周ポケットの深さを測定したり、歯肉の炎症程度や根分岐部(歯根の分岐)病変を調べます。レントゲン検査結果などと併せて総評し、処置の方法など決めます。
歯が欠けたりしていないかチェック
エキスプローラーという先端の尖った器具を用いて、歯の表面の凹凸や歯垢・歯石の付着状態、破折、露髄(歯の神経が露出すること)、虫歯、破歯細胞吸収病巣などの確認をします。
特殊なライトによる歯石チェック
当院では歯石除去後に特殊なライト(歯石が赤色に光ります)を用いて、微細な歯石の取り残しがないかどうかを確認しています。
#

代表的な歯科の病気

当院で実施している歯科診療での対応例の一部をご紹介します。

歯周病

歯周病とは、犬や猫における歯周病は、歯垢中の歯周病原性細菌に対して宿主の炎症反応の結果、引き起こされる。歯周病は歯肉の他に、歯根膜、セメント質および歯槽骨の歯周組織まで炎症が波及する疾患である。歯肉のみ侵された歯周炎は治療によって改善されるが、ほかの歯周組織まで侵された歯周炎では完全に回復させることは困難である。
歯周炎が進行した場合、根尖周囲病巣を引き起こし、さらに炎症が進行して皮膚に瘻管をつくり、外歯瘻となったり、口腔粘膜に瘻管を形成すること内歯瘻となる。上顎骨を破壊すると口鼻瘻管に至ることも少なくない。小型犬では、歯周病による下顎第1後臼歯部などの歯槽骨の垂直骨吸収が原因で歯周病性下顎骨骨折を認める場合もある。

根尖周囲病巣と歯瘻

根尖周囲病巣とは、歯髄に生じた炎症が歯髄全体に広がって歯髄壊死へと進行した場合、種々の刺激物質が原因となって根管を通じて根尖部(歯根の先端)歯周組織に影響を及ぼして病変を成立させたものである。
この疾患の症状としては、根尖周囲の病巣の急性化による軟・硬組織の腫脹や口腔粘膜、皮膚に向かって瘻管を形成することが挙げられる。このような歯性疾患に由来して形成された瘻管は特別に歯瘻といい、その出口(瘻孔)が口腔内の歯肉や粘膜にできた場合を内歯瘻、口腔外の皮膚にできた場合を外歯瘻という。

猫の歯肉口内炎

猫の歯肉口内炎は様々な呼び名がある。症状は程度によって異なるが、ほとんどの場合が口腔の後部粘膜に発赤、潰瘍、肉芽様組織の増生などがみられ、流涎、採食困難、開口時の突然の奇声、口を気にする動作、打診による疼痛反応、触診で開口を嫌がるなどの症状がみられる。重度の場合は食欲不振のため体重の減少が起こり、その発生率はおおむね6~7%程度である。