クッキー動物病院は一般診療だけでなく、皮膚科・統合医療・心臓の治療などに力を入れている動物病院です。

クッキー動物病院

循環器科

Cardiology
#

当院の循環器科について

動物の高齢化に伴い、人間と同様に心臓病が増えています。犬・猫が亡くなる原因として、心臓病は、ガンと共に「3大死因」の1つになっています。
当院では、帽弁閉鎖不全症、拡張型心筋症など、循環器症状・疾患について診療を行っております。検査から2次診療施設と連携した手術まで対応しておりますので、まずはご相談ください。

循環器科の診断・検査

心臓は一度悪化すると完治が難しくなります。特に初期の段階では症状が出にくいため、症状が出てきたときには、すでに病気が進行していたということも多くありますので、病気の早期発見により進行させないことが非常に重要です。

心臓病は先天性と後天性があるため、犬・猫の年齢に関わらず発症します。
定期的な心臓および腎臓の検査をお勧めしています。

#

循環器科の検査

身体検査
視診、触診、聴診、により全身状態と心臓のチェックをします。
画像診断(胸部レントゲン検査)
心臓の形や大きさ、肺の状態、血管の太さなどの評価を行います。
画像診断(超音波検査)
心臓内部の構造や大きさ、血流をチェックし、心臓疾患の状態や重症度の判定を行います。
心電図検査
心臓に不整脈が無いかを調べます。心臓もしくは他の病気による血管への負担も調べることができます。
#

代表的な循環器科の病気

当院の循環器科診療でよくみられる病気の一部をご紹介します。

僧帽弁閉鎖不全症

犬の僧帽弁閉鎖不全症は一般診療において獣医師が最も多く遭遇する心疾患である。一般的に中高齢の小型犬種に認められる僧帽弁閉鎖不全症は房室弁の粘液腫様変性に起因していることが多く、最近ではこれに起因したものを慢性房室弁心疾患、慢性変性性房室弁疾患、変性性僧帽弁疾患、僧帽弁粘液腫様変性などと病因を指し示して呼ぶことが一般的となってきている。

拡張型心筋症

拡張型心筋症は大型犬における発生が多く、発生時期は3~7歳までと幅があるが、中高齢での発生が多い。4~5歳以降に急速に発生頻度が高くなり、10歳を超えると逆に発生率は低くなる。雄犬の方が雌犬よりも重症化しやすい。ドーベルマン・ピンシャーとボクサーでは発咳、呼吸困難といった急性左心不全の症状が認められ、失神、虚脱、突然死といった不整脈に起因する臨床症状も認められる。その他の大型犬種においては、心房細動を呈する症例が多く、胸水貯留や腹水貯留が認められることが多い。

肥満細胞種

拡張型心筋症は大型犬における発生が多く、発生時期は3~7歳までと幅があるが、中高齢での発生が多い。4~5歳以降に急速に発生頻度が高くなり、10歳を超えると逆に発生率は低くなる。雄犬の方が雌犬よりも重症化しやすい。また犬種によって、拡張型心筋症の違いが報告されている。少なくともドーベルマン、ボクサー、その他の大型犬の区別はしておきたい。大型犬ではないコッカー・スパニエルの場合、単なる僧帽弁閉鎖不全症と間違えられてしまう可能性が高いが、拡張型心筋症の好発犬種であるため、注意が必要である。ドーベルマン、ピンシャーとボクサーでは発咳、呼吸困難といった急性左心不全の症状が認められ、失神、虚脱、突然死といった不整脈に起因する臨床症状も認められる。ドーベルマン、ピンシャーでは心室期外収縮と心室頻拍が75%以上の症例で認められ、ボクサーも心室不整脈を発現する犬種の一つである。その他の大型犬種においては、心房細動を呈する症例が多く、胸水貯留や腹水貯留が認められることが多い。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は猫において最も一般的な後天性心疾患であり、臨床症状も心雑音もない猫においても罹患率が13%という報告もあるほど、きわめて高い頻度で発生する疾患である。重症度は様々あり、生涯にわたって無徴候で寿命を全うする症例から、突然呼吸困難に陥り致死的な転帰をたどる症例までさまざまである。

心タンポナーデ

心膜腔内に出血あるいは心膜液が何らかの原因で貯留した結果、心膜空内圧が上昇し、右心系の圧を超過した状態である。原因としては、血管肉腫、大動脈小体腫瘍および心膜中皮腫といった腫瘍性疾患、原因不明の特発性出血性心膜貯留がよく知られている。