腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

内視鏡(腹腔鏡)導入のいきさつ!

お腹を大きく切り開き手術するのはかわいそう、、とても痛そう、、そう感じる飼い主様は多数いらっしゃります。
そこで、当院ではなんとかワンちゃんネコちゃんの負担をへらす低侵襲な治療法をとの思いで、人の大学病院での研修等を受講し、堺市以南の南大阪では初となる腹腔鏡による外科手術を行っております。
というわけで、当院では現在消化器内視鏡や耳道内視鏡に加え、腹腔鏡による検査・治療・手術も行っております。

内視鏡(腹腔鏡)外科手術とは?

いままでであれば、お腹をばっさりと大きく切開しなければならない手術を数カ所の小さな傷で行う手術になります。
この傷よりカメラと処置具を挿入しモニターを見ながら手術を行います。
これらを行うには高度な知識と技術が必要になりますが、正しく処置することにより、安全に手術を行えます。

腹腔鏡手術の最もおおきな利点は、傷が小さく痛みが少ないことです。
また、カメラを通して腹腔の臓器を鮮明に拡大して可視化でき、臓器が空気に触れないことよ術後の癒着や胃腸に負担をかけないことなどがあげられます。
以上のことにより、ワンちゃん猫ちゃんへの負担が少ないため、術後の回復が大変早いです。
避妊や停滞睾丸などの手術では日帰りで帰るころには走っていることも多いです。

腹腔鏡での避妊手術について

当院では避妊手術でも腹腔鏡での手術を行っております。
傷口を小さくすることができますので、動物への負担を少なくすることができ、翌日には走り回っている子も多数いるくらいな動物に優しい手術法です。
病気ではないのにお腹を大きく切りたくないと思われる飼い主様も多いんじゃないでしょうか?でも将来の病気も心配という飼い主様も多いです。
そのような方にも腹腔鏡による避妊手術、停滞睾丸手術は最適であると思われます。
腹腔鏡による治療・手術は傷が小さく痛みが少ないことで、動物への負担を軽減することができます。

従来であれば、胸やお腹を大きく切らなければならなかった手術でも、を3mm〜1cmほどの小さな傷を数ヵ所開けるだけで行うことができます。
  

腹腔鏡手術の手順(避妊手術の場合)

まず最初に、カメラや鉗子(つかむ道具)、超音波メスを挿入するための小さい穴(ポート)を3箇所設置します。
そして、カメラでお腹の中を見ながら、手術していきます。
卵巣・子宮に繋がっている血管を超音波メスで止血と切開を同時に行い、切り離していきます。
糸を使わず手早く行う事が出来ます。

腹腔鏡による卵巣摘出術
切断した卵巣を体外に取り出し、出血を確認し、腹壁と皮膚を縫合して終了です。
おおよそ1時間以内には終了します。
  

傷の大きさの違い

≪従来の開腹手術≫

≪腹腔鏡手術≫

腹腔鏡手術では、お腹を大きく切らずに、手術することができるため、傷口も小さく、痛みも少なくする事ができます。
傷口も腹腔鏡手術ですと3mm〜1cm程度の穴を開けるだけ行うことができます。
  

腹腔鏡のメリット

1.小さな傷(3〜10mm)で手術を行うことができます

  • 麻酔から覚めた術後の痛みが少なくすみます
  • 術後の動物の回復が早くなります
  • 入院期間を短くすることができます

2.お腹の中の環境を保つことができます

  • 内蔵が外の空気と触れないため、胃腸などの他の臓器の回復が早くすみます
  • 手術後の癒着を少なくすることができます

3.複数の検査を負担が少なく同時に行うことができます

  • お腹をさらに大きく切らなければ出来なかった検査(臓器の検査など)を同時に行う事が出来ます
  • 手術中の情報を共有することができます
  • 腹腔鏡では超音波メスを使用して凝固・切開を行うので、安全かつ縫合糸による組織反応の心配が少ない
※腹腔鏡による肝臓の生検
  

腹腔鏡手術の適応

診断を目的とした内視鏡検査

●腹腔内臓器の評価と生検

肝、胆嚢、膵、腸管、腎、膀胱、前立腺、尿道、卵巣、子宮、腹膜、腹腔内の腫瘍の生検

●胸腔内臓器の評価と生検

心嚢膜生検、肺生検、胸膜、胸腔内の腫瘍の生検

予防・治療を目的とした内視鏡手術

卵巣子宮全摘出術(避妊手術)
副腎摘出術
消化管内異物摘出術
腎切除術
心嚢膜切除術
潜在精巣摘出術
予防的胃腹壁固定術
肝部分切除術
胃、腸切除術
膀胱腫瘍切除術
肺葉部分切除術
膀胱結石摘出術
胆嚢摘出術
門脈体循環シャント結紮術(門脈シャント)
胃造瘻、空腸造瘻チューブ設置術
胸腔、腹腔内の腫瘍摘出術